読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「花園大学国際禅学研究所・修行と身体班/宗教思想・文化研究会共催シンポジウム: 身体からはじま(め)る思想(史)」のご案内

告知用のサーバーの調子が悪いので、こちらに案内を掲載します。

開催趣旨

花園大学国際禅学研究所・修行と身体班と宗教思想・文化研究会は、 合同でシンポジウム「身体からはじま(め)る思想(史)」を開催いたします。 皆様のご参加を歓迎いたします。

日時

2009年12月5日(土)12:00より

場所

プログラム

  • 12:00〜14:00 永観堂巡見
  • 14:00〜18:30 研究発表(於京都市国際交流会館)
    1. 師茂樹「経典に埋め込まれた身体的因果―仏教の実践論を考えるために―」(14:00〜15:00)
    2. 北條勝貴「物語の初源としての禅観―〈伝〉の形成と利用からみる仏教の世界―」(15:10〜16:10)
    3. 野村英登「越境させる身体―静坐で語る思想史―」(16:20〜17:20)
    4. 全体討論(17:30〜18:30)
  • 19:00〜 懇親会

参加方法

                                                                                                                                          • -
「身体からはじま(め)る思想(史)」参加申込書 お名前: ご所属:
                                                                                                                                          • -

お申し込みのメールには、すべて返信をします。返信が届いていない方は、お手数ですが再度ご連絡下さい。