読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SARU

読んだ。SARU=孫悟空の話なのに、仏教・道教が全然出てこないのは、ちょっと新鮮。

SARU 上 (IKKI COMIX)

SARU 上 (IKKI COMIX)


SARU 下 (IKKI COMIX)

SARU 下 (IKKI COMIX)


ノストラダムスの大予言』+ヘルメス文書という神秘主義というよりオカルトな世界観。一応、ブータンのお坊さんがキーパーソンではあるが、主人公はバチカンエクソシストバチカンといえば『ダ・ヴィンチ・コード』的なものを思い浮かべるが、このマンガのように諸宗教・神話を混ぜご飯にしてしまうマンガは諸星大二郎星野之宣をはじめとしてよく見かける。もしかして日本マンガのお家芸だったりするんだろうか?(海外の事例とかあればご教示下さい)

最後の決戦がやけにあっさりしているところに好感を持った。普通の少年漫画だったら50巻ぐらい費やせるであろうテーマをたった2巻で終わらせる潔さ。神話における戦闘シーンを読んだ時の感覚に似ているかもしれない(あれ、それで終り?みたいな感じ。演劇になったら途端に長くなるんだろうが)。

伊坂幸太郎の『SOSの猿』が、このマンガと同じ世界を舞台にしたものらしい(原作ではないらしい)ので、こっちも読んでみようかな。

SOSの猿

SOSの猿