読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボストン美術館展&京の閨秀・女流・女性画家

母が上洛してきたので、ちび(孫)とともに京都市美術館に行った。猛暑であった。

名画のフルコースとは言い得て妙。宗教画の中のストーリー、肖像画の繊細なテクニック、印象派のタッチの妙を楽しんだ。ただ、点数が少なくて、あっという間に終わってしまった印象があるが。

日本画が好きな母のために、同時開催の以下の展覧会にも寄ってみた。

自分にとっても意外であったが、ボストン美術館展よりもこちらの方がグッときた。おれってもしかして日本画が好きなんじゃないの?画集を買うか?と勘違いしそうなぐらい見入ってしまう作品がいくつかあった。上村松園、秋野不矩ぐらいしか知らなかった自分が恥ずかしい。今度ちょっと勉強してみよう。