読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺戮にいたる病

花大の浅子先生に勧められたので読んでみた。

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

浅子先生が言うとおり、叙述トリックだってわかっているのに、しかも最初から犯人がわかっているのに、やっぱり騙された。おおー。

犯人の心理を描写したいというのと、推理小説として読者をひっかけたいというのを両立させるために、こういう叙述トリックを使っているんじゃないかと推測するが、前者については正直、そんなに面白くなかった。「真実」に目覚めたんだったら、もうちょっとその「真実」について深さ(みたいなもの)を感じさせてくれるように書いてくれないと、という感じ。