読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロレス暗夜行路

暴露本ってあまり好きじゃないんだが、立ち読みしたら新日本プロレスの北朝鮮興行(平和の祭典)についてのマンガが2本も載っていたので、つい買ってしまった。

プロレス 暗夜行路 (別冊宝島1648 ノンフィクション) (別冊宝島 1648 ノンフィクション)

プロレス 暗夜行路 (別冊宝島1648 ノンフィクション) (別冊宝島 1648 ノンフィクション)

一本目は、おなじみの原田久仁信画伯による『プロレススーパースター列伝』テイストな“実録”マンガ「平壌の冷たい夏」。これは何の文句もなくおもしろいです。「オール肉食系新日本プロレスの悪しき伝統!!/女子プロレスラーはライオンの群れに放り込まれた生肉状態……」とか「ブル……君は平壌に割く一輪の花……」とか最高!

もう一本は、平和の祭典が初のプロレス観戦であったというOL四人組を主人公にしたレポートマンガ、羽衣える「はじめてのプロレス観戦@北朝鮮」。「平壌の冷たい夏」では猪木が19万人の観客を実力で沸かせたことになっているのに、こっちのマンガでは明らかにマスゲーム的盛り上がりであったことがレポートされている (^_^;; など、プロレス素人な客の目線で描かれているのがなかなかおもしろい。

しかし、別冊宝島って、定期的にプロレス内情暴露本を出してるなぁ。売れてるんだろうなぁ。