ICO

ゲーマーとしての失われた時を求めて第ウン弾。よくわからんがマスターピース的扱いを受けている『ICO』を、今さらながら(少し)やってみた。

ICO PlayStation 2 the Best

ICO PlayStation 2 the Best

独特の雰囲気を持つグラフィックはすばらしい(率直に言うと「PS2のスペック」とか「2001年当時」とかのコンテクストを考慮しながら、多少甘めに評価している部分はあるが)。この手の歩き回り系ゲームは、操作に慣れていない頃は特にキャラクターの動きがたいがい挙動不審になりがちで、それが雰囲気を壊したりナチュラルさを削いだりすることがしばしばある(ゲームが進むとだんだん慣れて来るので、違和感もなくなる)。しかしこのゲームは、わけがわからん状況に放り出された主人公が限定的な情報しか与えられていないプレイヤーの心情と重なるのか、あるいは作り手の細かい作り込みが反映されているのか、最初からあまり違和感がない。

しばらくやって、最初のセーブポイントのところで、今回はやめてしまった。私は少し高所恐怖症気味なので、高いところから落ちそうになるシーンとかが連続すると動悸が早まってゲームをやめたくなるのである。『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のときも、結構つらかった。

ところでこのゲーム、GPL違反をしてたのね*1。知らんかった。フリーソフトウェア賛同者としては、倫理的に続きをやるのがためらわれるなぁ (^_^;;

*1:[wikipedia:ICO (ゲーム)]